LIKEITnote

3ヶ月無料でプログラミング&正社員就職

未経験の塾講師からメーカーのシステム開発企業に転職!

123 views
未経験の塾講師からメーカーのシステム開発企業に転職!

プログラミング経験のない塾講師から、2.5ヶ月間で大手化粧品メーカーのシステム開発を行うIT企業への転職を実現させたY・Hさん。塾講師時代に難関高校への受験を成功させる学習方法を指導していただけあって、ご自身も週5日間ペースでしっかり通学して他の受講生よりも前倒しで学習を進め、短期間で転職先を見つけることができました。今回はそんなHさんに、LIKEITを受講したご感想をお伺いしました。

転職で悩んでいる時にLIKEITを知り、塾を退職して週5日ペースで通学

ー HさんはLIKEITに通う前、塾講師のお仕事をされていたんですよね?

はい、当時は派遣社員として某大手学習塾で難関高校への合格を目指す中学生の指導を担当していました。正社員として勤めたいとは思っていたんですが、その当時勤めていた学習塾は、派遣でも実業務以外にも研修に頻繁に参加する必要があったりして、激務だったんです。熱血指導の社風ということもあって、自分の性格には合っていないんじゃないかと思い、勤務し続けるのは難しいと感じていました。他の学習塾で正規雇用の塾講師を目指すのか、それとも異業種に転職するのか悩んでいた時にLIKEITを知ったんです。

ー どうしてエンジニアになろうと思ったんですか?

エンジニアに挑戦してみようと思ったきっかけは、派遣会社で実施された性格診断ですね。エンジニアに向いているんじゃないかという結果を受けて、「じゃあとりあえずプログラミングにチャレンジしてみようかな?」と思って。もしもダメだった時はもう一度塾講師に戻ることもできると思ったので、一度LIKEITに通ってみて、自分に合うかどうか判断しようと思いました。

ー  無事に通いきっていただけて良かったです!LIKEITに通ってみて、良かったところはなんですか?

LIKEITの一番の魅力は、すべてのサービスが無料なところだと思います。他のスクールのように数十万円の受講料を支払わないといけないとしたら、たぶん通おうと思わなかったですね。無料という点で入会のハードルが低いからこそ、私自身「自分にプログラミングができるか分からないけど、チャレンジしてみてダメだったら塾講師に戻ればいい」というお試しでも通い始めることができたと思いますね。無料で始められて、自分には合わないと感じたらいつ辞めてもいいので、安心感があります!
「受講料がかかるし、無理にでも通わないと…」、という惰性ではなく、自分で通い続けるかどうか意思決定できるところが他のスクールと比べて一番良かった点だと思っています。

これからLIKEITでの学習するか検討している方がいるなら、まずはプログラミングに気軽にチャレンジしてみていただきたいですね。やってみないと、自分に合うかどうか本当のところは分からないと思うんです。私の場合は通い始めてすぐの頃に、PCの前に8時間座ってJavaを学習していてもだんだん慣れて苦痛じゃなくなって、開発の楽しさも感じることができたから、エンジニアとして転職しようと心を決めることができました。メンターとキャリアコンサルタントのおかげで未経験から2ヶ月半という短期間で転職することができましたが、まずは自分がチャレンジしてみることが一番大切だと思います。

メンターと一緒に週5日しっかり学んだ知識を活かして、ECサイトを開発

ー 塾講師のご経験を踏まえて、LIKEITのメンターの指導はどうでしたか?

メンターにアドバイスをいただきながら学習を進めましたが、まずは問題解決のヒントを少しずつ与えて、受講生本人に考えさせてから、それでも解けないようであればさらにアドバイスをしていくという指導方法は受講生本人の自己解決能力が高まりますよね。私自身も生徒を指導する立場だったので気持ちが分かりますし、とても良い指導の仕方だと思います。

ー 今回、どんなWebサービスを開発したんですか?

ECサイトを開発しました。会員登録、ユーザー認証、ログインから、商品リストの検索や商品ページの閲覧、購入と購入履歴化まで一通りの機能を実装しましたね。一番難しかったのは、商品画像の登録機能です。メンターに質問したところもありますが、開発に入る前のカリキュラムで、LIKEITが配布する学習用のECサイトのソースコードのリファクタリングを行っていたので、スムーズに開発することができました。

こだわった機能は、登録ユーザーのリスト検索です。名前、ユーザーID、誕生日でユーザー検索できる機能ですね。オリジナルWebサービス開発のステップではECサイトを作ること自体は目的ではなく、これまでに学んだ知識をすべて詰め込んだ集大成を開発する場だと思ったので、EC自体の会員登録から購入までのステップには関係がないと認識した上で、あえて実装しました。

自分なりに工夫して頑張ったところは、複数条件での検索の実装方法。リファクタリングを学ぶ前はIF文をたくさん書いてひたすら回していくという方法を取っていましたが、共通化を心がけなるべく簡潔にコードを書くことを意識することで、長いコードを十数行でまとめられるようになったのは進歩だと感じています。

ー 週にどのくらいのペースで学習を進めたんですか?

基本的には、LIKEITに週5日間、毎日通って学習を進めました。オンラインテキストなので自宅でも学習できると思うんですが、オンラインだといつでも勉強できることが逆にあだになって、甘えが出てきて勉強しなくなると思うんですよ。なかなか自分を律するのって難しいですよね。私の場合は、「今日もやるぞ!」という意思を持ってスクールに通うことで、学習モードに切り替わります。受験生の中には自宅で勉強する人もいますけど、多くの人が塾の自習室で勉強するのって同じ気持ちなんじゃないかと思いますね。

オンラインで学習しながら質問するにしても、まだプログラミングの経験が浅くて何が何だか分からない状態では、チャットでは質問しにくいですよね。「何かよく分からないけど…動かないんです」という状況だったりとか。(笑)チャットで聞くよりも、直接メンターと会話をしながら教えてもらうほうが理解しやすいです。

LIKEITの就職支援で、Webシステムの開発を行うベンチャー企業に転職成功!

ー 転職おめでとうございます!どんな企業に勤めるんですか?

転職活動は学習と並行して行い、今回LIKEITから紹介してもらった企業から内定をいただくことができました。大手化粧品メーカーのWebシステム開発を行っているIT企業に11月から入社します。入社後はOJTとして開発プロジェクトに参加して、コーディングやテスト作業を担当すると聞いています。

ー 企業からは、Hさんのどんなところをご評価いただいたんですか?

最終面接では質問への受け答えを簡潔に分かりやすくするだけではなく、自分の欠点を理解した上で、それを解決するために行動したという過去のエピソードで自己PRしました。実は塾講師になったのは、面接で緊張して何も話せなくなってしまったことがきっかけなんです。人前に出て緊張することがあっても、平常心で会話ができる話術を学ぼうと思って塾講師の仕事を始めたんですよね。もちろん今回LIKEITでプログラミングの経験を積んだからエンジニアとして採用していただくことができたと思うんですが、これまでの経験も面接では大切なアピールポイントだったと感じています。

内定をいただいたのがベンチャー企業だということで少し悩む点はありましたが、まだ若い会社だからこそ色んな経験を積むことができるのではないかと感じましたし、今回ご縁があって私に期待をして選んでくださった気持ちに応えたいと思い、入社を決意しました。

ー これからエンジニアとして、どんなキャリアステップを積んでいきたいですか?

エンジニアとしての短期的な目標は自分の開発スキルを付けることですが、長期的にはチームメンバーをマネジメントする立場になっていきたいと思っています。後輩指導の経験はありませんが、人に教えたり、マネジメントをやりたいという気持ちが昔からあって。内定をいただいた企業からも幹部候補としての採用だと聞いているので、頑張りたいですね。