LIKEITnote

3ヶ月無料でプログラミング&正社員就職

未経験歓迎求人に5社落ちた…でも、LIKEITで人生初就職に成功!

未経験歓迎求人に5社落ちた…LIKEITで人生初就職に成功!

商業高校を卒業してから、倉庫作業やメールオペレーターのアルバイトをしていたT・Tさん。就職を目指して、今年の1月に「未経験歓迎」のIT系求人に応募するも、すべて選考で落とされてしまったそう。未経験じゃ就職できない!と実感して、LIKEITでしっかりJavaプログラミングを学習。見事に3ヶ月でIT企業にプログラマーとして就職が決定しました!今回はそんなTさんに、LIKEITを受講したご感想をお伺いしました。

未経験でもWebプログラマーになりたい!LIKEITを選んだ決め手は?

ー これまで3年間、アルバイトをされてたんですね。なんで今、スクールに通おうと思ったんですか?

LIKEITに入会したきっかけは、今年の1月に自分で就活してみて、応募したIT企業の選考に全部落ちたからですね。趣味でWebサイトを制作していたこともあってWebフロントの知識は多少あると思ってたんですけど、サーバーサイドのプログラミング経験がなくて…。いくら「未経験歓迎・未経験OK」って書かれている求人に応募してみても、完全に未経験だとエンジニアとして就職するのは無理かなって感じたんです。

ー そうだったんですね。ちなみに、書類は通るけど面接で専門的な質問をされて落ちたって感じですか?

やる気を重視してるとも言っていましたし、専門的な質問は全然されなかったんですけどね…。ただ、5社受けて、どこも面接を通過できないって状況でした。

当時も人材紹介会社に登録していたんですけど、キャリアコンサルタントからは「未経験だったらWeb系じゃなくて、最初はネットワークエンジニアを目指した方がハードルは低いですよ」って言われてたんです。だから選考はネットワーク系の職種を受けていたんですけど…それでも選考は通らなかったですね。なにより、自分がやりたい仕事じゃないなっていうのは感じてました。

その頃に、たまたま広告でLIKEITを知ったんです。Webサイトを見てみたら「就職に強いJavaが学べる」って書いてあったので、「就職に強い?じゃあ、やってみようかな!」ということで(笑)最初は気軽な気持ちで参加しましたね。

ー なるほど、ありがとうございます!他にもスクールはありますけど、LIKEITはJavaが学べるってところがポイントで入会を決めたんですか?

LIKEITを選んだのは、実はこの卒業生インタビューが決め手だったんです。Webサイトに卒業生インタビューがたくさん載ってたので、体験学習に参加する前にいくつか読んでみたんですよね。もちろん、書いてあること全部を鵜呑みにしていた訳じゃなくて「本当かな?」ってちょっと疑ってた気持ちもありました(笑)

でも体験学習に行ってみたら、ちょうどすぐ隣で卒業生インタビューをやってたんですよ!

卒業生が実際にインタビューに答えてるのを見て、「あ、この人もう就職するんだ!インタビューに書いてあったことって本当なんだ!」って思ったんですよね。だからすごく安心して、その場で入会を決めました!

ー ええ!ありがとうございます、嬉しいです!インタビュー書いてて良かった…(笑)

メンターにとにかくたくさん質問できる環境!分からないところもスムーズにクリア

ー 次は、実際に入会してからのことを教えてください。LIKEITのメンターは正直なところ、どうでしたか?

本当に丁寧に指導してくれましたね。マジで分かるようになるまで隣でずっと教えてくれたので、本当に良かったです!

フロントのコーディングは得意なんですけど、僕は暗記というか、専門用語を覚えるのがとにかく苦手なんですよね。だからプログラミングも、専門用語やその用語の意味を覚えるまでは結構躓くところはありました。でも、分からないことはメンターに質問すればしっかり教えてくれますし、テキストを繰り返し解いていく中で徐々に知識が身についていきましたね。

僕はとにかく早く就職したかったのでアルバイトもしないでほぼ毎日通ってたんですけど、カリキュラムのボリュームはちょうど良かったと思います!Javaプログラミングの基礎やオブジェクト指向までの基礎単元は、最初の1ヶ月以内にすべて学習を終えられるようにガンガン進めましたね。その分、オリジナルWebサービスは1ヶ月の時間を掛けて開発することができました!

ー なるほど。ちなみに、どうして早く就職したいって思ったんですか?フリーターだと、逆に就職するタイミングってあまり制限がないんじゃないかな?と思うんですけど。

年始に家族と話して色々言われまして(笑)これ以上アルバイト生活を続けるのもちょっとまずいなっていうのは感じてたんですよね。あとは、オペレーターみたいな単純作業をずっとやっていても、学べることが少ないとは感じてたんです。仕事で覚えなきゃいけないことなんて、最初の1ヶ月だけですぐできるようになっちゃうので、やりがいがなくて。

ー うーん、確かに。ちなみに、高校卒業する時に進学か就職かの選択肢はあったと思うんですけど、どうしてフリーターになったんですか?

将来のことを何も考えてなかったんですよね(笑)入社したい訳でもないのに、とりあえずって感じで大手スーパーの選考に1社だけ…なんとなく応募したんです。でも、そんなの当然落ちるじゃないですか。もうそこでめんどくさくなっちゃって、近所の倉庫でならほぼ確実にアルバイトできるだろうと思って応募して、そのままフリーターになったんですよね。

ー それでご両親とかともちょっとお話をされて(笑)ちなみに早く卒業するために、学習で意識されていたことはありますか?

分からないことがあったら、すぐにメンターに質問することですね!でも、僕も最初からバンバン質問してた訳じゃなくて、入会初日はメンターに何も質問せずに学習を進めていたんですよね。でも、メンターがその日の終わりに声を掛けて「分からないことがあったら、質問したい放題でどんどん聞いてくれて良いからね」って言ってくれたので、そこからは思う存分質問していきましたね!

ー 良かったです!ちなみに、ご自身が一番プログラミングが分かるようになったと実感できたのはどのタイミングでしたか?

オリジナルWebサービスの開発をし始めてからですね。それまでは "演習問題をちゃんと解く" ってことをゴールに学習を進めていたので問題を解くのに必死で、あまりスキルがついたって実感はなかったかもしれないですね。でも、リファクタリングの単元でソースコードをしっかり読み込んで「これはこういうことなんだ!」っていう、Webプログラミングの仕組みを理解してからはどんどん分かるようになったんです。自分で開発しながら「すごい分かる!これ、思い通りに動かせてるじゃん!」って実感しましたね!

ー TさんのWebサービス拝見しましたよ!アパレル系サイトらしい、めちゃくちゃカッコいいデザインですよね!

開発期間は1ヶ月くらいなんですけど、正直デザインに一番命を注ぎました(笑)機能としてはアパレル系のECサイトに標準的な、会員登録から商品の検索・購入まで一通り揃えています。こだわったのはデザインと、検索に使うサイドメニューですね。

履歴書にも書いたんですけど、僕自身几帳面な性格なので、「もっとこうした方がいいんじゃないか」って気になるところや追加したい機能が見つかれば、自分の納得がいくまで何度も細かい修正をしちゃうタイプなんです。作業に少し時間が掛かりすぎてしまうところがあるので、今後は品質を維持しながら、工数を削減できるようにスキルアップしていきたいですね!

ー 妥協しないのは素晴らしいことだと思いますよ!メニューもクリックすると、コンテンツを絞り込んで表示してくれて便利ですよね!これって、どういう仕組みなんですか?

商品カテゴリごとにIDがあるんですけど、そのIDをサイドメニューにはそれぞれ割り当てておいて、メニューをクリックすることでDBから該当の商品カテゴリにマッチするものを表示させているんです。

ー なるほど!デザインだけじゃなくて、そういったデータの呼び出しも活用されているのはすごいですね!ちなみに、LIKEITに通って学習以外で身についたことってありましたか?

生活習慣が良くなりましたね。オペレーターのアルバイトは勤務が11時からだったので、朝は結構ゆっくりだったんです。LIKEITまで通学に2時間掛かるのもあって、朝10時の開講時間に合わせて来るために朝早く起きるようになりました(笑)

5名の同期と一緒に入社予定!お客様先でのシステム開発を行うプログラマーに

ー 次は、就職活動について教えてください。今回はTIZAシステム株式会社に就職が決まりましたけど、選考はどんな流れでしたか?

まずは書類選考と筆記試験があって、その後2回の面接を受けました。面接では取締役と、人事の方にお会いしましたね。

取締役はダンディな見た目で、ちょっとコワモテです(笑)面接ではかなりフランクな雰囲気でしたし、今日もお会いしたんですけどすごく優しかったです!面接では僕が開発したWebサービスもお見せしたんですけど、かなり真剣に見てくださってました。

ー そうだったんですね!ちなみに、面接での自己PRは履歴書に沿ってお話しされたんですか?

そうですね、事前にキャリアコンサルタントに面接練習もしていただいて、履歴書に沿って自分の経歴や強みをお話ししました。僕は以前面接で落ちまくってたのもあって面接には弱いと思ってたんですけど、キャリアコンサルタントからは「自己紹介が短いけど、あとは大丈夫かな!」って言ってもらえて、逆に自信がつきましたよね(笑)

面接で印象的だったのは、「Tさんは周りからどんな人間だって言われますか?」って質問されたことですね。

僕は初対面だと「暗い」とか「怖い」とか思われがちなんですけど、仲良くなればそれなりに面白いやつだって言われるタイプなんですよね。そのエピソードをお話ししたら、人事の方から「私もそう思いました」って言われたんです(笑)

ー Tさんの素直な人柄が出てます(笑)人事の方はとても優しそうですね!

おしとやかというか、上品な方なのにユーモアもあるし、すごく良い方です!人事の方がいなかったら、面接でもっと緊張してたかもしれないですね(笑)

ー ところで、TIZAシステムさんへの入社の決め手はなんですか?

説明会で "年功序列じゃない" って聞いて、「ここだ!TIZAシステムに入りたい!」って思ったんです。

アルバイトでもそうだったんですけど、今までは誰でもできるような単純作業をしたのもあって、メンバーの立場は年功序列が絶対だったんですよね。だからTIZAシステムの、スキル重視でキャリアアップしていけるというところにすごく魅力を感じたんです!

ー 良いですね!ちなみに、先輩社員の方は経験何年目くらいの方が多いんですか?

去年4名ほど20代のメンバーを採用したと聞いていますけど、基本的には40代から50代の方ばかりみたいです。これまでは経験豊富な方ばかりを採用していたけど、これからは若い人材を育成するのにも目を向けないといけないということで若手も積極採用し始めたそうなんですね。

もともとはMBPジャパンという会社のコンピュータソフトウェア部門が独立して株式会社TIZAという会社ができたと聞いているんですけど、TIZAシステムはその株式会社TIZAの子会社の位置付けなんです。TIZAシステム自体は今年設立されたばかりの会社なんですけど、親会社のMBPジャパン株式会社を含めると会社規模は結構大きいんですよね。

ー 今年できた会社とは言え、親会社がしっかりしてるって聞くと安心感がありますよね!これからのお仕事を通して、チャレンジしたいことや目標はありますか?

技術力をどんどんつけていって、周囲のメンバーもサポートできるようになっていきたいと思っています。後輩や部下のマネジメントに興味があるというより、周りをサポートするのも自分の技術を高めるために必要なステップかな、と思っているんですよね。よく、人に教えることでもっと知識が身につくって言うじゃないですか。

今は本当に色んなことに興味があって、逆に言うとなんでも知りたいんです(笑)特に興味がある分野は今流行りのAI・ブロックチェーンですね。まだ聞いたことがあるってレベルで全然知識はありませんけど、これから勉強していきたいと思っています!

スクールへの入会を考えている方へ、LIKEITをオススメするポイント

ー これからも頑張ってくださいね!最後に、LIKEITのオススメポイントを教えてください!

LIKEITは、とにかくメンターが良いですね!マンツーマンで受講生一人一人、ちゃんと理解できるようになるまで隣で教えてくれるので、本当にありがたかったです!これはかなり推したいポイントですね。個別学習のスクールだから、ここまで受講生一人に対してちゃんと時間を取ってくれるんじゃないかなと思います。

僕自身、通学中や自宅で予習・復習って実はほとんどしていないんですよね。スクールに1日8時間ちゃんと通って、分からないところはメンターにすぐに質問してしっかり覚える。このルーティーンを毎日繰り返せば、予習・復習はそこまでしなくてもしっかり知識が身についていくと実感しています。

あとは、卒業生インタビューはウソじゃない!ってことですね(笑)他の卒業生の方はもちろん、僕自身も未経験から3ヶ月でIT企業の正社員になれたので、安心して入会していただきたいです。

ー 今回は本当にインタビュー書いてて良かったなって思いました(笑)ありがとうございました!Tさんのインタビューもバリバリ書いてすぐに掲載させていただきますね!