LIKEITnote

3ヶ月無料でプログラミング&正社員就職

産休・育休など福利厚生が充実!未経験のバーテンダーが150名規模のIT企業に

自分で書いた小説をWebで公開するなど、アートカルチャー好きの原田さん。高校卒業と同時に上京し、2015年までは美術館内のショップスタッフとしてアルバイトをしていました。でも、販売のお仕事では専門知識や技術が身につかずに「このままで、将来大丈夫かな…?」という不安はずっと抱えていたそう。

今年で25歳を迎え、これからは手に職をつけてしっかり働いていこうとLIKEITへの入会を決心。学んだスキルを活かして開発したWebサービスは面接でも高評価で、無事に3ヶ月間で内定を獲得しました!2019年1月からは、150名を超える社員が在籍する株式会社サンソウシステムズのエンジニアとして勤務しています。

今回はそんな原田さんに、初めてのプログラミング学習&就職活動のご感想をお伺いしてみました!

「25歳までは自由に生きる!」と決めていたけど、ずっと将来が不安だった

ー よろしくお願いします!早速ですが、これまでのご経歴から教えていただけますか?

工業高校のデザイン科を卒業して上京してきました!2015年までは3年間、美術館や映画館などが併設されている大型複合文化施設で、ショップスタッフのアルバイトをしてました。

美術館内のショップスタッフ

ショップの来客数を増やすために季節ごとの催事を企画したこともありましたし、一生懸命やりましたけど…「このままでいいのかな?」って不安はずっとありましたね。

ー じゃあ、前々から正社員就職したいとは思ってたんですか?

そうですね、それも悩みましたけど…でも、20代前半のうちは就職はしないで自由に生きようって思ってましたね。アート方面に進む覚悟が明確に固まってた訳じゃなかったですし、自分がどうしたいのか分からなかったのもあって。

逆に、20代前半のうちは自分の興味があることに色々チャレンジしてみて、それでもやりたいことが見つからなければ25歳を節目に、しっかり正社員就職しようと決めてました。

あとは、アルバイト雇用の方が気が楽だったんですよね。いきなり就職してもうまく行かないんじゃないかと思って…。勤めていた美術館には正社員雇用制度がなかったので、契約満了で辞めてからは渋谷でバーテンダーをしてました。

ー なるほど!でも、そこからどうしてエンジニアを目指そうと思ったんですか?

今年でちょうど25歳になったんですけど、将来のことを考えたら10年後もずっと勉強していけるような仕事に就きたいと思ったんです。毎日新しいことを学びながら、どんどんスキルアップしていきたくて。

デザイン業界も魅力的でしたけど…デザインって、生まれ持ったセンスの良し悪しが実力にかなり影響してくるじゃないですか?自分は良いと思っていても、他人からの評価は違ったりとか。

私の性格上、もっとロジック的に評価される仕事の方が、やる気を出せるタイプだと思って。それで、プログラミングをやってみようと思い立ったんです。

デザイナーの道も考えた

もちろんプログラミングなんて経験がないので、自分にもできるようになるのかは不安でした。でも、スティーブ・ジョブズの本でエドウィン・ハーバート・ランドの「文系と理系の交差点に立てる人にこそ、大きな価値がある」っていう言葉に出会って、勇気をもらったんですよね。

ー すごく良い言葉ですね!ところで、LIKEITのことは広告で見つけてくださったんですよね?

はい、完全に無料だからすぐに通えると思って、体験学習に申し込みました!他のスクールもネットでいくつか見てみましたけど、やっぱり40万円以上も受講料が掛かるようなスクールだと、フリーターには負担が大きいですからね。お金がなくても通えるところは、LIKEITの一番の魅力だと思います。

ー ありがとうございます!実際に体験学習してみて、どうでしたか?

昔ちょっとだけHTMLを触った経験があったからか、Javaのコードも意外と抵抗なく読めましたね。メンターも「未経験で最後まで自力で解けるのはすごいよ!」って褒めてくれたので、調子に乗って(笑)その場で入会しちゃいました!でも入会して本格的に学習を始めてからも、我ながら良いペースで進められたと思ってます。

苦手意識なくプログラミング学習に挑戦できた

ー すごいですね!躓いたポイントとか全然なかったんですか?

時間が掛かった単元はありましたよ!でも私の場合、難しい問題に挑戦してる時の方が燃えるんですよ(笑)「うわ~!意味が分からない!」っていう状態になるの、結構好きなんですよね。だから毎日楽しくて。

ー もしかして原田さん、すごくMじゃないですか?(笑)ちなみに、どこが難しかったですか?

Javaプログラミングの基礎の部分ですかね。知識を覚えること自体は全然難しくないんですけど、最初の頃は覚えた知識をどう使っていけばいいのか、目的があまり見えてなかったのもあって。

最初は「これを覚えてどうなるんだろう?」って考えてましたね(笑)独学で挫折する人が多いのも、ここでモチベーションが続かなくなるからじゃないかと思うんですけど。

でも、オブジェクト指向を李かしたらそれまでに学んだ知識の使い道も分かりましたし、最初に覚えたことは無駄じゃなかったんだって安心しました!

学習が進むにつれ、安心できた

他の受講生を見ていると、基礎はすんなり進んで、オブジェクト指向あたりで躓く人が多いみたいですけどね。私はこれまで結構感覚で生きてきたタイプなので、あんまり難しく考えすぎることなくスッと頭に入ってきましたよ。

そういう意味では文系でも、プログラマーに向いている方は多いんじゃないかと思いましたね。苦手意識を持たずに、ぜひチャレンジしてみてほしいです。プログラミングが楽しいと思えたら、また新しい自分と出会えると思いますしね。

ー スムーズに学習していただけたなら良かったです!ところで、全体のスケジュールはどんな感じで進んでたんですか?

最初の1ヶ月目は他の受講生と同じようにプログラミングに集中してましたね。私の場合、2ヶ月目には週3日しっかりスクールに通って課題をガンガン終わらせて、卒業課題も完成させちゃったんです。その分、3ヶ月目は就活に専念できましたね!

スクールにはコンスタントに通うのが大切

私はアルバイトをしながらだったので週に3日間しか通えなかったんですけど、やっぱりコンスタントに勉強し続けないとダメですね。ズルズル勉強してるとモチベーション維持するのも大変ですし。

アルバイトも大事ですけど、自分でちゃんとスケジュールを調整してサボらずマジメに出席しないと、せっかくスクールに通っても意味がないと思いました。

ー しっかり通っていただいてありがとうございました!2ヶ月で学習が終わるのは相当速いですよ!ちなみに、卒業課題ではどんなWebサービスを開発したんですか?

「レンタルたぬき」というサービスです。最近、結婚式に呼ぶ友達がいない時に代行業者を呼ぶサービスが流行ってたりするじゃないですか。でも、人が来るのってちょっと気まずいなって(笑)そこで、たぬきが人間に化けて出席してくれたら…と思って開発しました。

レンタルたぬき

ー めちゃくちゃ和みますね!どんな仕組みなんですか?

ユーザーはカレンダーからたぬきのスケジュールを予約したり、結婚式後のレビューを書いりできるんです。基本的な考え方は、ECサイトの機能を応用して開発してます。

カレンダー機能にはかなりこだわりました!管理者はあらかじめたぬきのスケジュールを登録しておくんですけど、出席できる日は「〇」、すでに予約されている場合は「×」を表示するようにプログラムされています。ここは結構難しかったのでメンターに相談して、仕組みを一緒に考えてもらいました!

自分一人じゃ1週間でここまで開発できなかったと思うので、メンターには本当に感謝ですね。LIKEITで学んだ知識をしっかり活かして開発できたと思います。

Webサービスを自分から社長にプレゼンして内定獲得!サンソウシステムズに中途入社

ー 次は就活について教えてください。原田さんはコミュニケーションもすごく上手なので、就活は苦戦しなかったと思うんですけど…(笑)

ところが…Webテストで何社か落ちちゃったんです(笑)SPIみたいに、言語問題と非言語問題を解いていくものなんですけど。計算ができないのがダメなのか、私の人間性に問題があるのかな~ってちょっとショックでした(笑)

ー まあその…計算はプログラム書けば勝手にやってくれますから、別に良いんじゃないかと思うんですけどね(笑)

そうですよね!「そのためのプログラムでしょ?!」って思って(笑)でも、今回サンソウシステムズさんから無事に内定をいただけたので一安心しました!

ー 本当におめでとうございます!原田さん的に、サンソウシステムズへの入社の決め手はなんですか?

女性も積極的に採用していますし、福利厚生が充実しているから将来も安心して働けるところですね!4月から、新卒で女性社員が3名入社してくるそうなんですよ。IT業界全体で見ても福利厚生は充実している方だとアピールされてましたし、産休・育休後に職場復帰した方もいらっしゃるんです。

子育てしながら働く女性

ー 確かに、そういった福利厚生が充実していると安心ですよね。

社外セミナーにも参加させていただけますし、資格を取得すると奨励金をくださるんですよ!会社が推奨する資格以外にも、自分次第で選べると聞いているので業務に役立つものをどんどん取得していきたいと思ってます。

ー 資格の勉強、頑張ってくださいね!ところで、面接ではどんなことを聞かれたんですか?

1次面接では、技術的な質問も多かったですね。でも、LIKEITの面接対策がめちゃくちゃ活かせたんですよ!

「Model View Controllerってどういうことか分かる?」なんて質問もありましたけど、仕組みは理解していても自分の言葉で相手に説明するのってなかなか難しいじゃないですか。面接でよく聞かれる質問にはどう答えるのがベストか、あらかじめ答え方をアドバイスしてくれるので本当に助かりましたね!

面接での質問

ー いやいや、原田さんがしっかり対策してくださったお陰ですよ!ちなみに、社長さんからはどんな質問がありましたか?

「エンジニアはどんな仕事するかイメージついてる?」って聞かれましたね。プログラミングの経験が浅いと、入社してもギャップを感じてすぐに辞めちゃう人が多いみたいなんです。

ー 確かにエンジニアってなんとなく「イケてる」風に見えると思いますけど、仕事はすごく地道ですよね。

長く働く覚悟や、忍耐力があるかどうかはかなりチェックされていたと思います。せっかく1年くらいテスターで下積みしてても、実装に関わる前に辞めちゃう人もいるみたいなんですよね。すごく勿体ないと思うんですけど…。

でも、「仕事が任せてもらえるようになるまで修行する」って覚悟が決まってないと、なかなか続かないかもしれないですね。

ー なるほど…。それを乗り越えてからの退職理由はなんて仰ってましたか?

バリバリ開発できても、他のメンバーとうまくコミュニケーションが取れなくて悩む人は多いみたいです。エンジニアって一見、他人とコミュニケーションを取る必要ってそこまでなさそうじゃないですか。でも、お客様と直接話したりチームをまとめ上げるリーダーはそうも言ってられないんですよね。

コミュニケーション不足で悩むエンジニアは多い

私も人に気持ちを伝えるのは結構苦手だって自覚があるので、面接では正直にお伝えしました。でも「聞く力があれば大丈夫」だって言っていただけて、安心してます…(笑)

ー 原田さんなら大丈夫ですよ!原田さんの将来的な目標って、聞いてもいいですか?

まずは一人前になることが目標ですけど、将来的には自社サービスの開発に挑戦してみたいですね!

社内のプロジェクトを拡大していく予定

現状はお客様先での開発がメインではあるんですが、これからはサービスインテグレーション事業部に力を入れて、社内のプロジェクトを増やしていきたいそうなんです。そのために、私も含めて新しいメンバーを積極的に採用してると聞いています。

そういった会社の主軸になるプロジェクトに参加して、他のメンバーからも頼ってもらえる存在になれるようにしっかり勉強していきたいですね!

スクールへの入会を考えている方へ、LIKEITをオススメするポイント

ー 最後に、これからIT業界でキャリアアップしていきたい方へアドバイスをお願いします!

LIKEITなら、すごく質の良い学習サポートが受けられます!受講生がたくさん通ってますけど、フロアは静かだし、勉強に集中できる環境ですね。

メンターもすごく気さくで、質問しやすかったです!受講生一人ひとりの性格に合わせて指導の仕方を変えてくださると感じましたし、どんなタイプの受講生にも合うんじゃないかと思います。

LIKEITのメンターはどんなタイプの受講生にも合う!

たとえば私の場合だと、最初の頃はメンターにすごく丁寧に教えてもらってたんですよ。でも、実力がつくに従って、だんだんと自分の力を試されるようになっていったというか。ライオンの親が子を崖から突き落とすみたいな…(笑)

私はそういうの「よっしゃ!やってやる!」って結構燃えるタイプなんですよ。メンターはそういうタイプだってことも分かった上でやってるんだな、と思いましたね。

生活習慣が改善されたのも良かったです(笑)毎日10時から開講しているので、朝しっかり早起きする習慣がつきました。バーで朝まで働いてたので、いきなり就職したら規則正しい生活に戻すのが大変だったと思います。

ー それはなによりです!3ヶ月間、本当にお疲れ様でした。今年も頑張っていきましょうね!

いえ、こちらこそありがとうございました!新しい環境でも頑張ります!