LIKEITnote

3ヶ月無料でプログラミング&正社員就職

前職は声優!未経験から2ヶ月でITベンチャーに転職

722 views
前職は声優!未経験から2ヶ月でITベンチャーに転職

前職はなんと声優!恋人との婚約を機に、安定した職に就こうとエンジニアを目指したM・Yさん。プログラミング未経験から、LIKEITに通って見事2ヶ月でITベンチャー企業への転職を実現させました!今回はそんなYさんに、LIKEITを受講したご感想をお伺いしました。実際のインタビューの様子は、動画でもお届けします。

声優から、ITエンジニアへ転向を考えたきっかけ

ー LIKEITに通うまでのご経歴を教えてください。

栃木県出身で、栃木県内の高校を卒業してから2年間、恵比寿にある全日制の声優の専門学校に通っていました。現在は3年間、声優事務所に所属してスマホ向けカードゲームなどの作品に出演しています。

ー 声優さんは今まで受講生にいなかったですね!エンジニアへの転向を考えたきっかけは?

ITエンジニアへの転向を考えたきっかけは、彼女との婚約でした。一応、名前で検索して出演作品が出てくるところまでは行ったんですが、声優も俳優やお笑い芸人と同じで、役者一本で食っていける人材って本当に数%程度しかいないんです。基本的には売れるまではアルバイトで生計を立てていて、売れないお笑い芸人みたいな感じなんですね。自分一人だったら好き勝手生きていけると思うんですけど、婚約したからには安定した職に就きたいな、と思って。まずはプログラミングスクールに通おうと思って、いくつかスクールを探す中で見つけたLIKEITの無料体験学習に参加しました。

ー 行動力がありますね!LIKEITへの入会を決めたポイントは?

他のスクールは比較していなくて、体験学習に来て、通いやすそうな雰囲気が気に入ったので入会を決めました。あとは無料というところが魅力ですよね!元々会社員で貯金があるとかであれば違うと思いますけど、アルバイトしながらその1ヶ月の生活費を稼いでるような生活だったので、無料で本当に助かりました。

スクールでメンターに相談しながら学習することで、スムーズに知識を習得

ー 負担なく通っていただけて本当に良かったです。実際に通ってみて、メンターの指導はどうでしたか?

僕としてはすごく分かりやすかったですね!自分で調べても分からなかったところはメンターに聞けば丁寧に教えてくれますし、「ここはこうした方がいいよ」とか、メンターの開発経験から教えてくれることもあるので、プログラミングについて一つひとつ、しっかり理解しながら学習を進めることができました。

自分で調べて学ぶっていうことの大切さも学びましたね。最初は何かあるとすぐメンターを呼んで教えてもらっていたんですけど、「これくらいだったら自分で調べて解決できるよ」って、検索の仕方や分からないところを切り分けて考える方法もメンターが教えてくれて。ネット上には無数に回答が載っているので、それを調べて自分なりの解釈で理解して、自分で解決できるスキルを身につけることができましたし、本当に良かったと思っています。

学習で使うテキストもすごく分かりやすかったです!テキストを何周か読むと、自分で大体理解して基礎はできちゃいましたね。オブジェクト指向なども、すんなりとは行かないですけど、繰り返し勉強することで身についたと思います。

LIKEITで学んだプログラミング知識を活かして、所属事務所に恩返し

ー 実際の開発プロジェクトでは、先輩社員にすぐに質問できない場面もあるので、ある程度自分で調べて解決できるスキルって、とても大事ですよね。知識を定着させるために、かなり予習・復習したんですか?

自宅ではなかなか時間が取れなかったので、その分スクールに来た時はかなり集中して学びました。学習中に一番意識していたのは、分からないことがあれば前の単元に戻って調べてみること。分からないことが基礎的な内容だったら、絶対にそこで覚える!ということですね。覚えたいと思ったことは、忘れないようにノートに書きだしておきました。手で書いた方が、手の動きとリンクするので、やっぱり覚えやすいんですよね。

プログラミングは初心者なので、最初は必要な知識をたくさん覚えなきゃいけなくてかなり大変でしたけど、しっかり学んだ分、オリジナルWebサービスの開発では、Javaの基礎からSQL、HTML/CSSまで学んだ知識を活かしてスムーズに開発できましたね。

課題を一回クリアしても、一回前の単元に戻ってもう一度やり直すというのも、結構重要かなって思います。身についていないと実際に自分で使いこなせないので、よく「知識を知恵にする」って言いますけど、繰り返し勉強して確実に覚えるのが重要だと思いました。

ー しっかり知識が定着している証拠ですね!オリジナルWebサービスは、どんなものを開発したんですか?

オリジナルWebサービスでは、自分が所属している声優事務所の公式サイトを声優個人で管理できるような機能を開発しました。元々、公式サイトには所属している声優の情報を掲載していたんですが、更新が追い付いていないんですよね。声優がそれぞれ、自分の情報を更新できるようになったら事務所も助かるんじゃないかと思って、恩返しの意味も込めて作りました。先々、公式サイトに今回開発した機能を組み込めればいいなと思って。

ー すごいですね!具体的には、どんなことができるサービスなんですか?

声部っていうWebサービスが以前あったんですが、歌やセリフ、朗読のような音声データを投稿できるサイトで、今でいうYoutubeの音声版みたいな感じですね。それに近いものをイメージして開発しました。

機能としては、声優個人が管理画面にログインして、プロフィールや宣材写真、ボイスサンプル、出演作品などの情報を登録・編集できるというものです。ボイスサンプルはmp4形式のファイルをサーバーにアップロードする仕組みも作りました。

もう開発は完了して、あとは公式サイトに組み込むだけなんですけど、まだまだセキュリティ面など勉強しなきゃいけないこともあるので、すぐには無理かもしれないですけど、先々できたらいいなと思ってます。

ITベンチャー企業のエンジニアに転職実現!Pythonを使ったプログラミングの学習中

ー Yさんのお人柄が出てるサービスですね。次は、今回入社が決まった企業について、お話を聞かせてください。

今回内定をいただいた株式会社トリプルアイズは、PHPやRubyなどでのWebシステム構築に加えて、AIやIoT、ビッグデータ、ブロックチェーンなど最新技術を扱っているベンチャー企業です。今、AmazonやLINEなど大手企業がAI市場ですごく利益を上げているんですが、それ以前の歴史を紐解くと、新しい技術が生まれてからそれで利益が出るようになるまで、20年くらい掛かるそうなんです。トリプルアイズでは、「AIがこれから絶対ヒットする!」っていう先を見据えて投資していこうという動きがあるんですね。

ー 幅広い分野の最新技術に取り組まれている中小企業さんって少ないですし、すごく魅力的ことですよね。自己PRではどんなお話をしましたか?

自己PRでは、これから一緒に仕事をしていく仲間になりますし、一緒に働きたいと思っていただけるようなアピールが重要なんじゃないかと思って。僕の人間性を分かっていただけるように、声優時代に真剣に取り組んだことや、コミュニケーション能力についてお話しました。

僕は元々役者なので、LIKEITで学んだプログラミングスキル以外は、エンジニアの仕事に役立つような技術や経歴はありませんが、技術については入社してから身につけていけばいいと思っています。

ー 技術力も大事ですが、コミュニケーションもエンジニアには不可欠なので、良い自己PRだったと思いますね!入社後は、どんな仕事をされるんですか?

今回トリプルアイズに同期入社するKくんと一緒に社長室に配属になりました!開発業務としては、既存システムのマイグレーションや、ベンダーが開発したプログラムのコードレビュー、品質チェックなど上流工程から実装・テストまで担当します。あとは、社長の営業に同行したり、取引先とのメールでの調整を引き継いだり、コンサル営業の業務も担当する予定です。社長室は社長とKくん以外に、もう1名上司の方がいらっしゃる4名体制。安定した企業の中で、少人数のスタートアップ企業のような働き方ができるのってすごく魅力的ですよね!将来的には、AIなど最新技術の開発にも携わる予定です。

ー そういえば、前にみんなで人狼ゲームをやりましたけど、あれはYさんが企画したんですか?(笑)

人狼ゲームは僕が企画したというより、お昼休憩中に「みなさんはレクリエーション的なことはやらないんですか?」という話題になって。たとえば人狼ゲームとか並行思考ゲームとか、そういえばやったことないな、という話の流れで、その日のスクールが終わってからやりましたね。

ちょろっとやるくらいの感じかな?と思ったら結構しっかり3~4時間くらいやってましたよね。(笑)それがきっかけで話すようになった受講生もいますし、やって良かったです。卒業までにタイミングが合えば、またやりたいですね!

LIKEITへの入会を考えている方へ、卒業生からアドバイス

ー 最後に、LIKEITへの入会を考えている人に、アドバイスをお願いします。

そうですね、プログラミング学習のアドバイスとしては、集中と息抜きの区切り、メリハリをちゃんと付けることを意識してみてほしいですね。ずっとPCと睨めっこしていることが多いので、行き詰ったらちょっと息抜きに散歩したり、休憩室で休憩するのもいいですし。休憩して煮詰まった頭を冷やしてから見返してみると、意外と初歩的なミスだったりして、すんなり気付けたりするので、適度に休憩しながらやると良いのかなと思いますね。

あとは、分からなかったらメンターにすぐに質問することですね。メンターも「10分考えて分からなかったら呼んでいいよ」と言ってますし、「またお前かよ~っていうくらい呼んでくれた方が教え甲斐もあるし、習得も速くなるからガンガン呼んでほしい」って言ってました。(笑)うまくメンターを活用して、効率よく学ぶといいと思います。