LIKEITnote

3ヶ月無料でプログラミング&正社員就職

不動産会社は6ヶ月で辞めた!未経験の元営業職が2ヶ月でWeb制作会社に転職

昨年明治大学を卒業して不動産業界に新卒就職した山口さん。就職先は大手ながら、社内のIT化が進んでいない不動産デベロッパー。上司が苦手なPC作業を効率化するために、PCスクールに通ってExcelやマクロを学ぶもやりがいを感じられず…転職先を決めないまま、半年で退職してしまいました。

退職を機に、以前から興味があったプログラミングに挑戦!未経験でも、毎日しっかり勉強したことで入会から2ヶ月間でダイハツやイトーヨーカドーなど大手企業のWebサイト制作も行うベロシティ株式会社への転職が決まりました!

今回はそんな山口さんに、初めてのプログラミング学習&転職活動のご感想をお伺いしてみました!

「なんとなく」不動産業界に就職したけど、もっとキャリアアップしていきたい

ー よろしくお願いします!早速ですが、これまでのご経歴から教えていただけますか?

2018年に明治大学を卒業して、新卒で不動産デベロッパーに就職しました。都内の新築マンションの売買営業を担当していたんですけど、テレアポで新規のお客様を開拓したり…いわゆる、普通の不動産営業職です(笑)

新卒で新築マンションの販売営業職に

ー そうだったんですね。就活では他の業界も受けてたんですか?

いえ、僕は不動産業界に絞ってましたね。商学部出身なんですけど、なんとなくハウスメーカーや住宅関連に進もうと思って(笑)就活もたくさん受けるの大変じゃないですか?気に入った会社だけ受けたらいいと思って、実は6社しかES出してないんです。そのまま6社とも面接に進めたのでラッキーでしたよね。

住宅メーカーのイメージ

ー ハウスメーカーかあ。三井ホームさんとかですか?

三井ホームは受けなかったんですけど、積水ハイム、旭化成あたりですね。たまたまその6社の中で、前の職場が一番早く内定が出たんです。残りの学生生活を楽しみたかったのでそのまま就職を決めました(笑)

ー なるほど(笑)でも、規模的に見ると良い会社さんじゃないですか。どうして6ヶ月で退職しちゃったんですか?

先々のことを考えたら、早いうちに転職してキャリアアップした方がいいって気付いちゃって…。ハウスメーカーって、よくテレビCM流れてるじゃないですか?前の会社はそういう広告とか打ってなかったんですけど、最初は逆にその「ブランドに頼らずにモノで勝負している」感じがとても印象的だったんです。

退職理由を教えてくれた山口さん

でも、働いていく中で社内のIT化も全然進んでいない、普通の不動産屋なんだな…って感じたんです。規模だけなら年間60億円程度の売上がある会社なのでみんな安定を求めて就職してるんでしょうけど、営業のモチベーションがそこまで感じられなかったんですよね。

上司も、パソコンが苦手なのでお客様のデータを毎回入力し直したりしてるんですよ。向上心を持って自分で効率化していただければいいんですけど、ちょっと頭が堅いところもあって…。僕も休日にPCスクールに通ってExcelマクロを勉強したり、社内フォーマットを改善したりしましたけど賄いきれなくて。入社早々にこれじゃ、先が思いやられるな…って思って、転職エージェントに登録したんです。

ー そうだったんですね。割と最初からIT業界に転職しようって決めてたんですか?

エンジニアになろうとまでは決めてなかったんですけど、Web関係には転向したいと考えてましたね。エージェントからもWeb系志望だと未経験にはハードルが高すぎるとは言われていたんですけど…。

僕の中でWebサービス開発って「作れないものはない」、そんなモノづくりだと考えてるんです。少し言い過ぎかもしれませんけど、自分のアイディア次第で無限の可能性があるんじゃないかなって思ってるんですよね。

Webサービスはアイディア次第

もちろん自分のスキル次第でもありますけど、チームで一丸になって1つのモノを作り上げるところにも、すごく魅力を感じてます。それこそ前職は個人営業職でチーム感はなかったですし、転職先を選ぶ上では「チームとしての一体感がある会社か」という点は重要視してました。

あとは、新しいことに飛びつくという訳じゃないんですけど、向上心を持って、新しいことにも一緒にチャレンジしていけるような風土があれば最高ですよね!そういう意味だと今は大手より、ベンチャーの方が合ってると思います。

ー 「挑戦する」気持ちって、すごく大事ですよね。でも、山口さんの中でそこまで方針が明確になっていたのに、どうしてそのまま転職エージェントで転職しなかったんですか?

うーん、結構ノリというか(笑)自分でもプログラミングのことを調べてる中で、たまたまLIKEITの広告を見かけたんですよ。完全無料で通えるし、未経験からスタートする人が多いって書いてあったのでチャレンジしてみようと思って参加したんです。

気軽に体験学習に参加してみた!

あとは前の会社を半年で辞めているので、ある程度プログラミングやIT業界の仕事がどんなものなのか、体験して知ってからの方が安心して転職できるんじゃないかと思ったのもありますね。

ー たしかにそうですよね!実際に体験学習してみてどうでしたか?

結構意外だったんですけど、体験学習中もメンターの方がみなさん「山口さんは筋がいい」って褒めてくださるじゃないですか?(笑)かなりモチベーションが上がったし、「自分にもできるかも!」って希望が持てましたよね。

僕はまったくプログラミングの経験がありませんでしたけど、体験プログラムも簡単な問題から徐々に難易度が上がっていくように作られていたので進めやすかったし、達成感がありました。

ー 良かったです!ご入会いただいて、本格的に学習がスタートしてからは順調でしたか?

最初の1週間が一番大変でしたね。Javaプログラミングの基礎を学んでいく中で、復習しないと分からないことや忘れてしまうことがたくさんありました。でも、最初から最後まで楽しみながら学習できたと思ってますよ。Webアプリケーションの開発に入ってからは覚えた基礎知識を使いこなせるようになりましたし、そこからは迷うことなく進んでいけましたね。

体験学習に参加したことで転職のモチベーションが上がった

メンターにもどんどん質問するようにしてました!経験が浅いうちはコツも掴んでいないし、知らないことで延々悩んでいても答えは出ないじゃないですか?それなら考えるよりメンターに解説してもらって、それをしっかりインプットしていく方が学習効率は良いんじゃないかと思います。LIKEITならメンターが常にフロアにいるから何回でも質問できるし、とっても丁寧に教えてくれるので本当に助かりましたね。

ー しっかり勉強していただけて良かったです!もうWebサービスの開発も終わったんですか?

まだ開発途中なんですけど、腕時計専門のオンラインショッピングサイトを開発しました!商品の画像は素材を使ってるんですけど、他はサイトのキャッチコピーも全部自分で考えています。検索する時は一般的な「虫眼鏡」のアイコンじゃなくて時計のアイコンを表示したり、細かいデザインにもこだわりましたね。

腕時計専用のショッピングサイト

ー すごくカッコいいサービスですね!

デザインだけじゃなく、機能の作り込みもかなり頑張りました。もっと独自の機能をたくさん実装したかったんですけど、思ったよりECサイトの開発が難しくて手が回らなかったです(笑)

今はセールを開催できるように、対象商品に値引き率を設定する機能を開発中です!管理者ユーザーがログインした時だけ、商品管理画面から割引率が設定できるんです。セール期間に合わせて、現在の日時がセール期間中に含まれていれば、管理画面から設定した割引率を適用して価格が値引かれるようになります!

このWebサービスの開発には大体3週間くらい掛かってるんですが、転職するまでに完成させられるように自宅でも進めていきたいですね。

大手企業のWebサイト制作実績を持つベロシティ株式会社に転職成功!

ー 次は就活について教えてください。LIKEITからの紹介ではどのくらい選考を受けたんですか?

ご紹介いただいたのは5社ですね。今回内定をいただいたベロシティと合わせて、選考に参加したのは2社だけです!

最初はもう少し他も受けた方がいいのかな?とは思ったんですけどね。でもベロシティの面接を受けてみたら、もうここに就職したいなって心が決まっちゃったんですよ。会社の考え方に共感できるところがたくさんあって(笑)

一番共感できたのは、面接官の方が仰った「上の人こそ、会社で一番働くべきだ」って意見ですね。まさに自分が部活動やサークル活動でも感じていたことだったので、ベロシティなら自分の考え方や働き方に合うんじゃないかと思いました!

ー なるほど。先ほど仰っていた「チームとしての一体感」はどうでしたか?

ベロシティはこれまで新卒採用をしてこなかったので30代~40代の中堅エンジニアの割合が高いんですが、とってもフラットな雰囲気なんです。年功序列の制度や、上下関係もほとんどありません。実力があるなら若手メンバーにも責任ある仕事を任せていく社風だと聞いて、若いチームメンバーも大切にしているんだと安心しています。

幅広い年齢層が活躍

20代中盤の先輩社員もいるので「頼れるけど、バランスが良い」って感じですね。今後はプログラミング経験が浅い若手でも積極的に採用して、社内研修でしっかり教育していこうという考えもあるそうです。

ー へえ~!若手採用に乗り出したのは、何かきっかけがあるんでしょうか?

今後は受託開発だけでなく自社サービスの開発にも積極的に取り組んでいくそうなんです。

自社サービスとしてはデジタルメディアに特化したクラウド型CMSの「modify」というサービスを開発・提供しているんですが、他のサービスも立ち上げていくために開発体制を強化していこうと考えているみたいですね。

ー 楽しみですね!入社後の業務内容はもう決まってたりします?

3ヶ月間の研修期間が終わったら、既存のWebシステムの保守開発プロジェクトに参加して、先輩社員にしっかり教えていただくことになっています。言語はPHPを使うんですけど、これから徐々に身につけていけたらいいですね。メンターからは「Javaが書けるならPHPは間違いなく書けるから大丈夫だよ!」って聞いているので、そこまで心配はしてないです!

OJT研修で先輩にしっかり教えてもらえる環境

ー PHPにもきっとすぐに慣れますから大丈夫ですよ!ところで山口さんの中で、直近の目標って決まってますか?

何年先になるか分からないですけど、チームをまとめる上で最大限の力を発揮できるメンバーになりたいですね!

僕は大学時代にアカペラサークルのリーダーを務めていたんですけど、3年生の頃までは全然芽が出なかったんですよね。でも、そんな境遇でもサークルメンバー全員がチームの一員だって意識を強くもって、常に全員が目標に対して同じ気持ちで努力できていたんです。その甲斐もあって、最後の卒業ライブでは150名ものお客様を集めて、有終の美を飾ることができたんですよ!

卒業ライブの集客に成功

諦めないで続けたからこそ、自分たちても信じられないくらいの結果が出せたと思ってます。エンジニアになってからも目標達成し続けるために、チームワークを大切にしていきたい。将来的には、そんなチームをけん引できるような、プロジェクトマネージャーになりたいと思っています。

ー 良いですね!ちなみに、開発面でチャレンジしてみたいことはありますか?

やっぱり自社サービスを開発してみたいですよね。

受託開発はお客様のご要望をくみ取って開発していくものですけど、自社サービスは自分たちの意見をもって、1つのモノを作り上げていくお仕事。自分たちの力で意思決定できるからこそスピード感よく進めていけると思っています。ベロシティには会社として自社サービスを開発していこうという流れもありますし、ぜひ挑戦してみたいです!

スクールへの入会を考えている方へ、LIKEITをオススメするポイント

ー 最後に、「会社を辞めたいけど、どうするか悩んでいる方」へアドバイスをお願いします!

うーん…辞めちゃえばいいと思います(笑)僕も半年で新卒カードを捨てましたけど…全然大丈夫でした!辞める前に転職の準備とかまったくしてなかったですし、なんなら退職後に「海外でも行こうかな」なんて考えたくらい何も決めずに退職しましたね(笑)

でも「どうにか転職できた」という以上に、会社を辞めたからこそプログラミングスキルを身につけて、良い会社に巡り合えたと思ってます。あの時辞めなかったらまだ僕はExcelと格闘してたと思うんですよね。そこから考えたら、すごい進歩なんじゃないかなって。

前向きな退職理由であれば、早期離職でもなんとかなる

転職の準備をどれだけしたて不安にはなるでしょうし、それなら自分の気持ちを優先して、恐れないでチャレンジしてほしいですね!LIKEITならプログラミングが学べるだけじゃなくキャリアコンサルタントが自分に合った会社を選び抜いて紹介してくれるので、「なるはやでITに転職したい!」と思ってる方には最適だと思いますよ。

ー ありがとうございます!ちなみに「LIKEITの一番良かったところ」があれば…教えていただいてもいいですか?

良い意味であんまり干渉されなかったことですね!学習も就職支援も充実してるんですけど、ベタベタするような関係じゃないんです。

僕、実はすごく人見知りなんですよ(笑)チームワークはめちゃくちゃ大事だと思ってますけど、「みんな仲良く!」っていう雰囲気や仲良しグループみたいな制度があるのは苦手なんです。緊張して、勉強に身が入らなくなっちゃうことが多いんですよね。

LIKEITは受講生の自主性に任せる自由な雰囲気

LIKEITには大体40名程度の受講生が毎月入れ替わりながら通ってますけど、他の受講生との関わりを強制されることはまずないです。だからといって受講生同士が隔絶されている訳でもなく、同じ空間にいるので仲良くなろうと思えば仲良くなれる雰囲気。まったくストレスなく、学習に集中できる環境でしたね!

ー 本当ですか!そう言っていただけて良かったです!2ヶ月間、通っていただいてありがとうございました!